動的ストレッチについて

ラジオ体操も動的ストレッチ身体の各部位を可動範囲内でリズミカルに動かし、筋肉を温めながらゆるめ、可動域を広げていくストレッチ(ラジオ体操も動的ストレッチ)です。
また、インナーマッスルへの働きかけにより、脂肪燃焼、体(関節等)の痛みの改善、交感神経の調整、免疫力UP、アンチエイジング…等 様々な効果のあるストレッチ方法です。
Rakuretch」は動的ストレッチの理論を取り入れ、主に肩甲骨周りと股関節周りに働きかける日本発祥のマシンです。

「整える」という発想…

人間の体は約200の骨で支えられ、骨には約400の筋肉がついています。
骨と骨が繋がる部分が関節ですが、カラダを動かすのはあくまでも筋肉であり、約400ある筋肉の20%程度を自分の意思で動かすことができれば、健康的な状態であると言われています。筋肉を鍛え大きくすることも大切かもしれません。
しかし、如何に動かせるようにするかを考える必要があるのではないでしょうか。
Rakuretch」は肩甲骨・股関節周りを中心に凝り固まった筋肉をバネの振動で動的にゆるめることで、その人が本来持っているしなやかな体を取り戻します。運動が苦手な方や御高齢の方、トップアスリートであっても「鍛える」その前に関節の可動域を増やし筋肉の準備を「整える」ことが重要だと考えています。

\ 未経験でもOK!新規スポーツ・健康事業への参入をご検討ください /